50歳のときファスティングで膵臓癌を克服した農園経営者

私の友人のケニスは50歳のとき、膵臓にグレープフルーツ大のガンが出来ていることが発見されたのですが、その診断を受け入れたくなかった彼は、何もしないまま1年半放置していました。

腹部の痛みがひどくなり、仕事を続けられなくなったため病院へいくと、医師からはもう手遅れだといわれ、なす術もなく、家に帰されました。痛みがひどく、食欲もなかったために、水を飲みながら寝ていました。

たまたま娘さんがヘルスフードストアで見つけてきたシェルトン博士の『ファスティングはあなたの命を救ってくれる』という本で、ファスティングについて知り、ファスティングで治るようになるかも知れないと思うようになり、ナチュラル・ハイジーンの医師の下で8日間のファスティングを行った処、痛みが消えました。

その後は自宅で果物・野菜のジュースと果物だけをとり、1年後からは野菜も食べるようにして、ガンを克服してしまいました。

fasting_kouka01
【出典】http://www.184spa.com

以前はタバコ、アルコール、肉、アイスクリームが大好きだったケニスですが、完全なベジタリアンに変わり、タバコもお酒もやめました。

素晴らしい健康状態をとり戻したあと、生物力学を学び、今ではフロリダで見事なマンゴーやメロン、アボカドなどを育てるオーガニック・ファームを経営しています。一日中戸外で重労働をしていますが、その仕事ぶりは、64歳という彼の年齢の半分もいかない若者たちよりもずっとエネルギッシュです。

ファスティングによって大腸や子宮に出来たポリープや腫瘍がなくなった人々も数え切れないほどいます。体にチャンスさえ与えてあげれば、体は不要なものは処理していくことが出来るのです。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。砂糖をとり過ぎると、女性性は劣化し、血液は酸性化…
  2. ミカンには、ビタミンA、C(特に多く、2個食べると1日の所要量を摂取)、E、カリウム、カルシウム、リ…
  3. 桜沢如一はじめ多くの食養家は玄米食を推奨しています。しかし、玄米食は多くの利点がある一方で、健康を害…
  4. ブルーベリーの「アントシアニン」が網膜の視覚にかかわるロドプシンの再合成を促したり、網膜の血流をよく…
  5. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  6. ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素、ホウ素、臭素などの…
  7. ビワ葉に含まれるアミグダリンがガンに有効な薬効成分で、ビワの葉療法と自然食による養生で見事にガンを追…
ページ上部へ戻る