50歳のときファスティングで膵臓癌を克服した農園経営者

私の友人のケニスは50歳のとき、膵臓にグレープフルーツ大のガンが出来ていることが発見されたのですが、その診断を受け入れたくなかった彼は、何もしないまま1年半放置していました。

腹部の痛みがひどくなり、仕事を続けられなくなったため病院へいくと、医師からはもう手遅れだといわれ、なす術もなく、家に帰されました。痛みがひどく、食欲もなかったために、水を飲みながら寝ていました。

たまたま娘さんがヘルスフードストアで見つけてきたシェルトン博士の『ファスティングはあなたの命を救ってくれる』という本で、ファスティングについて知り、ファスティングで治るようになるかも知れないと思うようになり、ナチュラル・ハイジーンの医師の下で8日間のファスティングを行った処、痛みが消えました。

その後は自宅で果物・野菜のジュースと果物だけをとり、1年後からは野菜も食べるようにして、ガンを克服してしまいました。

fasting_kouka01
【出典】http://www.184spa.com

以前はタバコ、アルコール、肉、アイスクリームが大好きだったケニスですが、完全なベジタリアンに変わり、タバコもお酒もやめました。

素晴らしい健康状態をとり戻したあと、生物力学を学び、今ではフロリダで見事なマンゴーやメロン、アボカドなどを育てるオーガニック・ファームを経営しています。一日中戸外で重労働をしていますが、その仕事ぶりは、64歳という彼の年齢の半分もいかない若者たちよりもずっとエネルギッシュです。

ファスティングによって大腸や子宮に出来たポリープや腫瘍がなくなった人々も数え切れないほどいます。体にチャンスさえ与えてあげれば、体は不要なものは処理していくことが出来るのです。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる…
  2. 朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええ…
  3. 一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく…
  4. いきなり朝食を抜くとイライラする場合は、まず、朝食を果物のみに置き換えることがお薦め。午前中は体のリ…
  5. 食事の回数を減らす場合、一番理想的なのは朝食を止めて一日二食にすること。午前4時から午前12時までは…
  6. 一日三食に加えて、おやつ・夜食を摂っていたら、消化しなければならない食物が常に胃袋に詰まった状態にな…
  7. 一日一食や断食などの少食を習慣化すると、若々しく健康に病気知らずとなるのは、カロリー制限によってサー…
ページ上部へ戻る