沖縄のIさん(現在31歳)もわずか4週間で」、コレステロール値を 210mg/dl → 169mg/dl へと41ポイント(20%)も減らしています。

同時に、

・中性脂肪値 264mg/dl → 179mg/dl (85mg/dl減少)
・体重    88kg → 78kg (10kg減少)
・肝機能 GOT 52 → 27 GPT 144 → 50 γ-GTP 98 → 12

と著しく降下しました。

shishitu_taisha_ijou_kijun
【出典】http://www.demiya.org

どんな薬をもってしても、このような短期間にこれほどの効果が現れるものはありません。しかも、医療費に一銭もかけていないのです。

コレステロール値が10%下がるごとに、心臓病になるリスクを20%減らすことが出来ます。Iさんは凡そ20%下がっていますから、心臓病になるリスクを40%減らすことが出来たのです。

だからと言って、Iさんはそのために悲壮な努力をした訳でもなく、お腹いっぱい食べ、満たされた気持ちでラクラク減量とコレステロール値・中性脂肪・肝機能の数値を改善することに成功したのです。

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 自然に生きるとは、バラバラに切らないで、すべてをつなげて全体的を大きく見る生き方。だから、薬草、野草…
  2. カリンは気管支を丈夫にし、風邪や熱、咳、疲れには、梅よりも特効がある。…
  3. シソは日本の代表的なハーブであり、栄養価も高く、ビタミンA、C が豊富でカルシウム、鉄、リンなどのミ…
  4. フキノトウは三月頃採取した花の開かない蕾を煎じて飲むと、気管支炎、喘息、結核などに効力がある。ほろ苦…
  5. オオバコは咳の薬として有名で、咳止めに用いられてきた。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝臓病にもよい他、婦人病…
  6. 風邪の治療から、肺・気管支炎、喘息、助膜炎、喉の痛みなどには、昔から薬効のある野草・薬草が知られ、よ…
  7. ビワ葉の煎じ汁をガーゼで濾すと目薬にもなり、点眼するとサッパリして炎症や疲れ眼を治す。白内障を治した…
ページ上部へ戻る