バイパス手術を回避し、57歳で狭心症を克服した教師

アラバマの大学でコンピュータ・サイエンスを教えていたビルは、何度も狭心症の発作に見舞われ、ニトログリセリンやアスピリン、血圧とコレステロールを下げる薬などで症状をコントロールしていましたが、薬の効果はなく、悪化の一途を辿っていくばかりか、薬の副作用に悩まされ、担当の医師からは、バイパス手術を勧められていました。

しかし9年前(当時57歳)、彼が選んだのは手術じゃなく、私の勧めたナチュラル・ハイジーンのアプローチでした。

kyoushin-shou02
【出典】http://uploads-ishamachi-com.s3.amazonaws.com

その効果は目覚ましく、1ヶ月後、血中コレステロール値は260mg/dlに下がり、肥満体からスリムに変身していくとともに、胸の痛みは全く起こらなくなり、冠動脈の閉塞物も次第に溶け出し、半年後にはすっかり健康をとり戻すことができました。

最近リタイアして娘さんの住むジョージア州に引っ越しましたが、素晴らしく健康な体と、たっぷりある自由な時間を使って人生をエンジョイしています。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. Oリング・テストは誰でも簡単にすぐその場で、健康に良いものか、悪いものかを判断できる方法である。健康…
  2. デトックスやダイエットに効果的なハーブ(アンティチョーク、エルダーフラワー、オレガノ、カモミール、ジ…
  3. 煙草やお酒を吸ったり飲んだりすると毛細血管が収縮し、水分の供給がスムーズにいかなくなる。細胞に栄養は…
  4. 今は食品添加物に無関係ではおられない私たちの食生活...。でもやっぱし添加物の危険性は避けたいです。…
  5. 塩も味噌も醤油も日本人の健康には欠かせない食品。現代西洋医学や栄養学は塩分を敵視するが、体の要求に応…
  6. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  7. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
ページ上部へ戻る