バイパス手術を回避し、57歳で狭心症を克服した教師

アラバマの大学でコンピュータ・サイエンスを教えていたビルは、何度も狭心症の発作に見舞われ、ニトログリセリンやアスピリン、血圧とコレステロールを下げる薬などで症状をコントロールしていましたが、薬の効果はなく、悪化の一途を辿っていくばかりか、薬の副作用に悩まされ、担当の医師からは、バイパス手術を勧められていました。

しかし9年前(当時57歳)、彼が選んだのは手術じゃなく、私の勧めたナチュラル・ハイジーンのアプローチでした。

kyoushin-shou02
【出典】http://uploads-ishamachi-com.s3.amazonaws.com

その効果は目覚ましく、1ヶ月後、血中コレステロール値は260mg/dlに下がり、肥満体からスリムに変身していくとともに、胸の痛みは全く起こらなくなり、冠動脈の閉塞物も次第に溶け出し、半年後にはすっかり健康をとり戻すことができました。

最近リタイアして娘さんの住むジョージア州に引っ越しましたが、素晴らしく健康な体と、たっぷりある自由な時間を使って人生をエンジョイしています。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る