カテゴリー:ブラックジンガー玄米の脅威のデトックス力

  • ブラックジンガー玄米の抜群の毒だし・デトックス力

    黒炒り玄米は無農薬の玄米を黒く炒ったもので、玄神とか玄心とか呼ばれています。細胞に活力をつけ酸素も廻しますから神経も楽になり、活発に働き出し、心臓病、肝臓病、腎臓病、糖尿病、リウマチ、神経痛、膠原病、冷え性、内臓下垂、ガンなど、難病にも大きな助けをしてくれるといわれています。この黒炒り玄米が豊蔵康博氏の開発したホロニックス・テクノロジーとよばれる特殊製法でブラックジンガー玄米として製品化されました。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る