カテゴリー:少食健康法

  • 一日一食への第4ステップ、 夕食だけにする

    朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええるのではなく、すべて体が食べないことに慣れていくということを基準にして先に進む。
  • 一日一食への第3ステップ、 食事の質を変え体に優しい食物を摂る

    一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく。体に優しい食事をするようにしよう、やり始めると実感出来る。四つ足動物の肉は控えて鶏肉へ、鶏肉から魚へ、魚から大豆など植物性タンパク質を摂るようにしよう。
  • 一日一食への第2”ステップ、 朝食を果物のみに置き換える

    いきなり朝食を抜くとイライラする場合は、まず、朝食を果物のみに置き換えることがお薦め。午前中は体のリズムが排泄の時間帯なので、消化吸収に最もエネルギーを使わず、ビタミン、ミネラル、酵素、ファイトケミカル、クリーンなエネルギー果糖が豊富な果物がお薦め。
  • 一日一食への第2ステップ、朝食を抜く

    食事の回数を減らす場合、一番理想的なのは朝食を止めて一日二食にすること。午前4時から午前12時までは排泄の時間帯となっており、また起きてから3~5時間は内臓が十分に活動しないので、朝食を止めた方がむしろ体の調子が良くなり健康的である。
  • 一日一食への第1ステップ、間食・夜食を抜く

    一日三食に加えて、おやつ・夜食を摂っていたら、消化しなければならない食物が常に胃袋に詰まった状態になる。すると、一日中、エネルギーが消化吸収に奪われて、頭も体もいつもダラッとした状態になってしまう。まずは、間食・夜食を抜き、よく噛んで味わって食べることから。
  • 少食健康法で何故若返るのか|サーチュイン(長寿)遺伝子がオンされるから

    一日一食や断食などの少食を習慣化すると、若々しく健康に病気知らずとなるのは、カロリー制限によってサーチュイン(長寿)遺伝子のスイッチがオンされるから。少食・カロリー制限とサーチュイン(長寿)遺伝子の働きについてまとめてみました。
  • 一日一食健康法、驚異の15大効能と実践する著名人たち

    一日三食では消化器官の働かせ過ぎで、内臓が疲れ果てて弱ってしまい、それは病気の遠因となる。理想的な 一日一食について、一日一食の驚異的な健康効果、一日一食を実践している著名人をまとめてみた。
  • 断食は最高の治療法

    細胞レベルでの新陳代謝不良がガンなどの難病・生活習慣病を引き起こす。代謝行為の一つ「入れ替え、再生(新生)、解毒、排泄」はファスティングをやるとスムーズに出来る。代謝がスムーズにいくことで、様々な疾病が改善されていく。
  • 殆んどの病気は食源病

    西洋医療は対症療法主体であり、病気を根から治す根源治療となっていないからです。殆どの病気は食源病。この認識が欠落しているから、西洋医療でガンなどの生活習慣病・慢性病・難病を治癒できない。腸内腐敗の時に発生するアミン類というアンモニア群がすべての病気のベースとなっている。
  • 過食の弊害

    目が覚めてすぐは、内臓その他の臓器が活動していないので、「朝はしっかり食べろ」「三食しっかり食べろ」は大間違いである。一日二食で消化器系が休息できる。生きていくのに必要最低限量以上の食物を体の中に入れた場合、これが老廃物、余剰物となり、病源菌がはびこるための餌になりあらゆる病気を引き寄せる。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. 「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる…
  2. 朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええ…
  3. 一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく…
  4. いきなり朝食を抜くとイライラする場合は、まず、朝食を果物のみに置き換えることがお薦め。午前中は体のリ…
  5. 食事の回数を減らす場合、一番理想的なのは朝食を止めて一日二食にすること。午前4時から午前12時までは…
  6. 一日三食に加えて、おやつ・夜食を摂っていたら、消化しなければならない食物が常に胃袋に詰まった状態にな…
  7. 一日一食や断食などの少食を習慣化すると、若々しく健康に病気知らずとなるのは、カロリー制限によってサー…
ページ上部へ戻る