カテゴリー:潜在意識をクリーン化する

  • 人間の運命は変えられますか?

    本来運命というものは、過去世からの想念行為の集積が、今生の想念行為の波に乗って、果に現れる姿をいうのでありますから、前の世からの習性の想念行為の連続で、自分の生活をしていたのでは、生まれた時の観相や手相や姓名学に現れたままの運命をたどってゆくに決まっています。運命を変える為には、その人が、現在までの物の考え方、行ない方などの習性を改めなければなりません。運命を変える為には、まず、自分というものは、自分自身で生きているのではなく、何かの大きな力(神仏)に生かされているものである、という謙虚な心になることが第一であります。
  • 世界平和の祈りを続ければ必ずよくなる

    運命を好転するには、悪い想いが出、悪い行いが出る、そうした時にもう即座に神様に謝っちゃって、世界平和の祈りの中に入れてしまう。そうやって常にいいものばっかり、いいことばっかり自分の中から出すんですよ。悪いことはどんどん消えてゆく姿にしてね。毎日毎日、朝晩歩いていても、電車に乗っていても、お便所の中でも、食事の時でも、いつでも世界人類が平和でありますように、とやっているでしょ。これはただ事ではない、大変なことなんですよ。大変に徳を積んでいることなんです。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る