カテゴリー:新谷食事健康法

  • 便秘が原因でガンができることもある

    食物繊維や水分の摂取が少なく便秘を起こしている人は、便の中の不消化物が腐敗・発酵し、毒素を発生させます。この毒素が腸壁の細胞内の遺伝子に変化を起こさせポリープを作り、次第にガン化していきます。便秘が原因で全身にガンが出来る危険性があるのです。
  • 不完全な消化物(残渣)が腐ってガスを発生

    腸にとって有害菌となるのが、ウエルシュ菌、クロストリジウム、ブドウ球菌、緑膿菌、ベイオネラ菌、大腸菌などです。これらは、消化されなかった食べ物のカスを腐敗させる腐敗菌で、腐敗の過程で、硫化水素、インドール、フェノール、スカトール、アンモニア、メタン、アミンなどの有害物質、毒素が多量に発生します。ガスや毒素は、腸内環境を悪くするだけでなく、更に大腸の粘膜から血中に入り、身体に悪影響を及ぼします。
  • 健康な人の胃相・腸相はとても美しい

    腸相の悪化は、大腸ガン、大腸ポリープ、憩室炎など様々な大腸の病気を起こすだけに止まりません。腸相の悪い人の多くが、子宮筋腫、高血圧、動脈硬化、心臓病、肥満、乳ガン、前立腺ガン、糖尿病などいわゆる「生活習慣病」を発病しています。体が内部から蝕まれているということなのです。
  • 生命力の源、酵素(エンザイム)の機能と特徴

    酵素は食べたものを消化吸収するばかりでなく、息をしたり、筋肉を動かしたり、細胞が新しいものと入れ替わる新陳代謝 や体内に入った毒素を分解し解毒しているのも酵素(エンザイム)の働きであり、私たち人間の一切の生命活動に関与しています。もし、酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。いわば、生命活動の主役であり、源です。
  • 命の綱・健康の鍵は「エンザイム(酵素)」の量

    酵素とは、生物が生きるために行なうありとあらゆる行為を可能にしているものであり、私たち人間の生命活動も、数多くのエンザイムによって支えられています。消化吸収はもちろん、細胞が新しいものと入れ替わる新陳代謝も、体内に入った毒素を分解し解毒しているのもエンザイムの働きです。そのため、エンザイムの量と活性度が健康状態に大きく影響するのです。
  • 新谷食事健康法でガンが再発しない理由

    新谷食事健康法に則した食事改善をすると、生命エネルギーそのものである「ミラクル・エンザイム」が大量に補われます。同時にミラクル・エンザイムを消耗する生活習慣も改めて頂くので、その効果は倍増します。ミラクル・エンザイムの量が充分に回復するので、その人本来の免疫力が高まり、活性化した免疫細胞の働きによってガンを抑え込んでくれるのだと考えられます。
  • ガンは生活習慣による全身病

    ガンが生活習慣病である以上、何処かにガン細胞が出来たということは、その間に、腫瘍までに成長していないガン細胞がすでに全身に生まれていると考えられます。目に見えないからといって、ガンがないと考えるのは危険です。日々の生活によって体内に蓄積された「毒」は、まるで時限爆弾のように全身の細胞に仕掛けられているのです。
  • 新谷食事健康法でガン再発ゼロ!

    新谷弘美先生は胃腸内視鏡開発に携わった世界的な草分けの大先生で胃腸内視鏡外科の第一任者です。35万件のも及ぶ胃腸内視鏡検査をやられてガン再発率ゼロの実績から裏付けされた新谷先生の説く食事健康法は説得力があります。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. 食物繊維にガン予防効果があるのは、食物繊維そのものが大便という毒の吸着素であって、大便を多く出したり…
  2. 食物繊維には、便の構成要素となり便量を増大し便秘を防ぐ 発ガン物質や有害菌、有害物質を吸着し体外に排…
  3. 食物繊維とは「小腸までの過程で消化されずに大腸に達する食品成分」で、「セルロース」「ヘミセルロース」…
  4. 納豆による血圧低下作用は最強であり、含まれるビタミンK2は骨の強化・骨粗鬆症を予防する。納豆菌は胃潰…
  5. 納豆のナットキナーゼとビタミンK2による血栓溶解力は最強であり、ジピコリン酸やイソフラボンも相まって…
  6. 納豆の魅力は、まず「納豆菌」と「ナットキナーゼ(酵素)」、そして納豆菌がつくる「作用物質」であり、納…
  7. 私たちはともすると、過去の失敗を悔やみ、自分の未来について不安・恐怖を抱きがちです。そんなストレスか…
ページ上部へ戻る