カテゴリー:魚介類

  • 医食同源|ウニは冷え性に効果がある「海の栗」

    ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効果がある他、抵抗力を増し、皮膚・粘膜を強化し、眼の働きをよくするビタミンAの含有量は特筆に値する。身は生殖腺のため、強壮・強精効果があり、酒によく合うのはアルコールを解毒する酵素が多く含まれているから。
  • 医食同源|アサリは肝臓を強くする「日本古来の栄養食」

    アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防のカルシウムなど、種々の栄養素を含む優秀な保健食品である。低脂肪、低カロリーなので、肥満や生活習慣病を持つ人の格好のタンパク源となる。
  • 医食同源|カニは鍋料理に欠かせないダイエット食

    カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須のビタミンB類、貧血を防ぐ鉄、強精作用のある亜鉛、骨歯を強くするカルシウムなど、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれ、コレステロールを下げ、肝臓を強くし、血栓を防ぐタウリンも多く含まれている。殻に含まれるキチン・キトサンには、免疫力を高めて発ガンを防ぐ、などの作用がある。
  • 医食同源|エビは「ベタイン」が血糖値・血中コレステロールを下げる

    エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレステロールや血糖を下げます。また、強肝・強壮、抗血栓などの働きをするタウリンも豊富に含まれており、殻には免疫力を強化するキチン質が含まれている。頭や胸の後ろにある精巣を食べると強力な強精効果があり、毛髪の成長も促進すると言われている。
  • 医食同源|カキはミネラルを豊富に含む海のミルク

    カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミンB群、鉄、銅、マンガン、ヨード、カルシウム、亜鉛などのミネラルが多く含まれ、赤血球の造血を促進し、血色のよい美肌を作り、骨歯を強くする。また、カルシウム、亜鉛、タウリンも多く含まれ、不眠症や眼精疲労、精力減退、肝臓病に効果を発揮する。
  • 医食同源|アワビは母乳の出がよくなる「貝の王様」

    アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独特の旨味がある。ビタミンB1、B2やカルシウム、鉄などのミネラルを多く含み、アルギニン酸も豊富なので、強壮・強精効果があり、殻は眼病によい。
  • 医食同源|イカはスルメの「白い粉」が心臓・肝臓を強くする

    イカは、造血に不可欠の銅、強壮作用のある亜鉛などのミネラル、血行促進、老化予防のビタミンEが多く含まれるので、美容・健康食としても、肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を持つ人の栄養・保健食としても最適。また、イカやタコはコレステロールが多いとされてきたのは誤りで、むしろアミノ酸の1種であるタウリンが多く含まれており、血液中のコレステロール低下作用、肝臓での解毒促進、強心作用・抗不整脈作用など、種々の有益な作用がある。
  • 医食同源|ブリは動脈硬化を防ぐ「冬の出世魚」

    ブリは、動脈硬化や血栓症予防のEPA、健脳効果のDHAを多く含んでいる。グツグツ長く煮ると柔らかくなって頭も骨も食べられる滋養強壮食品となり、昔から重宝されてきた。
  • 医食同源|ヒラメは美肌効果抜群の「冬の高級魚」

    ヒラメの肉は消化がよく、高タンパク、低脂肪、低カロリーで、ビタミンB1、B2も多く含むので、病人や老人、胃腸の弱い人の栄養補給には格好の魚。また、カルシウムの吸収をよくしてくれるビタミンDも100g中40IUと、一日の必要量の半分近くを含有しているので、骨歯の強化、骨粗鬆症の予防・改善にもお薦め。「縁側」の肉は結合繊維の主成分であるコラーゲンを多く含んでいるので、美肌効果は抜群。
  • 医食同源|ニシンは気力・体力を増進させる「東で多く獲れる魚」

    ニシンは『本朝食鑑』によると、「腸を助け、陰を補い、腹中を温め、気を健やかにする」とあり、「胃腸の働きをよくし、気力・体力をつける」効能がある。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る