カテゴリー:よい水について考える

  • よい水の健康効果

    病気の大元の原因の一つは、「赤血球のルローによる組織の活性酸素存在」です。ルローを形成するかしないかは酵素の活性化に尽きますが、それを左右する因子こそ「マイナスイオン化したよい水」である。よい水が出来るろ過装置の一つにπウォターシステムがある。純水、アルカリが強い還元水はダメ。
  • よい水の条件とは?

    人間の体の約70%は水。胞1個を見ると85%は水であり、これが84%になったら脱水症になり、下手すると死んでしまう。よい水は健康に欠かせない。水の働きやよい水の条件に付いてまとめてみた。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. 「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる…
  2. 朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええ…
  3. 一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく…
  4. いきなり朝食を抜くとイライラする場合は、まず、朝食を果物のみに置き換えることがお薦め。午前中は体のリ…
  5. 食事の回数を減らす場合、一番理想的なのは朝食を止めて一日二食にすること。午前4時から午前12時までは…
  6. 一日三食に加えて、おやつ・夜食を摂っていたら、消化しなければならない食物が常に胃袋に詰まった状態にな…
  7. 一日一食や断食などの少食を習慣化すると、若々しく健康に病気知らずとなるのは、カロリー制限によってサー…
ページ上部へ戻る