カテゴリー:よい水について考える

  • よい水の健康効果

    病気の大元の原因の一つは、「赤血球のルローによる組織の活性酸素存在」です。ルローを形成するかしないかは酵素の活性化に尽きますが、それを左右する因子こそ「マイナスイオン化したよい水」である。よい水が出来るろ過装置の一つにπウォターシステムがある。純水、アルカリが強い還元水はダメ。
  • よい水の条件とは?

    人間の体の約70%は水。胞1個を見ると85%は水であり、これが84%になったら脱水症になり、下手すると死んでしまう。よい水は健康に欠かせない。水の働きやよい水の条件に付いてまとめてみた。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. Oリング・テストは誰でも簡単にすぐその場で、健康に良いものか、悪いものかを判断できる方法である。健康…
  2. デトックスやダイエットに効果的なハーブ(アンティチョーク、エルダーフラワー、オレガノ、カモミール、ジ…
  3. 煙草やお酒を吸ったり飲んだりすると毛細血管が収縮し、水分の供給がスムーズにいかなくなる。細胞に栄養は…
  4. 今は食品添加物に無関係ではおられない私たちの食生活...。でもやっぱし添加物の危険性は避けたいです。…
  5. 塩も味噌も醤油も日本人の健康には欠かせない食品。現代西洋医学や栄養学は塩分を敵視するが、体の要求に応…
  6. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  7. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
ページ上部へ戻る