カテゴリー:よい水について考える

  • よい水の健康効果

    病気の大元の原因の一つは、「赤血球のルローによる組織の活性酸素存在」です。ルローを形成するかしないかは酵素の活性化に尽きますが、それを左右する因子こそ「マイナスイオン化したよい水」である。よい水が出来るろ過装置の一つにπウォターシステムがある。純水、アルカリが強い還元水はダメ。
  • よい水の条件とは?

    人間の体の約70%は水。胞1個を見ると85%は水であり、これが84%になったら脱水症になり、下手すると死んでしまう。よい水は健康に欠かせない。水の働きやよい水の条件に付いてまとめてみた。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る