カテゴリー:よい水について考える

  • よい水の健康効果

    病気の大元の原因の一つは、「赤血球のルローによる組織の活性酸素存在」です。ルローを形成するかしないかは酵素の活性化に尽きますが、それを左右する因子こそ「マイナスイオン化したよい水」である。よい水が出来るろ過装置の一つにπウォターシステムがある。純水、アルカリが強い還元水はダメ。
  • よい水の条件とは?

    人間の体の約70%は水。胞1個を見ると85%は水であり、これが84%になったら脱水症になり、下手すると死んでしまう。よい水は健康に欠かせない。水の働きやよい水の条件に付いてまとめてみた。

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  2. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  3. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  4. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
  5. パセリは飾りだから残すもの、と思い込んでいませんか?パセリは薬草の優れものです。現代は肉食が多くなり…
  6. 糖尿病の方が石原結實先生の少食健康法によって全快された体験談です。糖尿病の合併症には、網膜症、神経障…
  7. 白菜はビタミンCが22mg(100g中)と多く含み、冬場のビタミン補給に重宝な野菜。外傷の治癒促進や…
ページ上部へ戻る