1. 2016/5/16

    お肉・乳製品・卵のとり過ぎ

    アメリカ産食肉は抗生物質耐性菌に汚染されている

  2. 2016/8/9

    マクロビオティック

    顔の表情に顕われる内臓の健康 望診

  3. 2018/3/25

    玄米食のメリット・デメリット

    原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁、日本の伝統食の底力

  4. 2017/9/3

    ガン三大標準治療の限界

    ガン三大標準治療でガンは根治出来ない|手術をするとガンが…

最近の記事過去の記事

PR記事

ナチュラル・ハイジーンで超健康!過去の記事

2017/2/20

エェッ!本当?加熱調理食品の真実、加熱調理すると生命力はゼロに…(3)…

加熱調理したものの摂取量が多くなれば多くなるほど、病気が増え、健康レベルが低下していきます…

難病をも癒す自然療法 by 東城百合子先生過去の記事

2017/12/19

泌尿器科系の病気に効く薬草・野草|ヨメナ

ヨメナはくせがなくて、小松菜等の栽培野菜よりもビタミン、ミネラルが多く、これ等よりも美味し…

ランキング

控えたい食べ物(超健康を阻む食べ物)過去の記事

2018/6/1

砂糖中毒・依存症は深刻|腸内腐敗や内臓下垂、スタマック・リアクション等…

砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が…
  • 『カイテキオリゴ』

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

ピックアップ記事

  1. トマトの赤色の色素はリコピン(カルチノイド)で、免疫力を強化し、ガン予防作用を発揮。また、ペクチン(…
  2. 少食健康法を実践された方の体験談。朝は生姜紅茶が殆んど、たまに人参・リンゴジュース。昼はソバ、山芋、…
  3. 唐辛子の強烈な辛みは、カプサイシンというアルカロイドで、特に果皮に多く含まれており、食欲増進、血液の…
  4. 「少食」「朝だけ断食」などで、胃腸を休め、吸収に費やすエネルギーを少なくしてあげると、大小便、汗の排…
  5. 玉ねぎには駆虫、殺菌、防腐、発汗、利尿、解毒作用がある。ビタミンB1、B2、Cを含み、特にCは、同じ…
  6. 現代文明人は「栄養過剰の栄養失調」に陥り、食べ過ぎにより血液が汚れ、生活習慣病・慢性・難病を招来して…
  7. 大根は、デンプン分解酵素のジアスターゼ、タンパク分解酵素のステアーゼをはじめ、オキシダーゼ、カタラー…
ページ上部へ戻る